TOP > ミノキシジルもAGAに有効

ミノキシジルの効果、副作用、外用薬と内服薬の違い、通販で購入する方法を解説します。

ミノキシジルの具体的な効果

ミノキシジルの外用薬ロゲイン

AGA治療薬のひとつである「ミノキシジル」プロペシアとの併用が向いていると簡単に説明しましたが、もっと具体的にミノキシジルについて説明しておきたいと思います。

ミノキシジルは育毛効果が期待できるお薬です。種類もいくつか出ており、塗り薬と飲み薬があります。

どちらも毛母細胞に直接的にはたらきかけて、毛母の細胞分裂を活性化させることで髪の成長を促進させる効果があります。ミノキシジルには血流を良くする効果があるのですが、血流が良くなることで毛母細胞を包む毛乳頭と毛乳頭に繋がっている毛細血管へしっかりと栄養分を届けてくれるので、こうすることで発毛のサイクルである、成長期と退行期、休止期をちゃんと循環しやすくするのです。

やはり薄毛になってしまった以上は再び濃くしたいというのは当然の願望ですから、ミノキシジルのような育毛効果があるのはとてもありがたいことなのですが、ネットなどにはO字型の薄毛には効果があるとされつつもM字型には効かないと言われています。薄毛の人にとっては騒然となる話ですが、これは間違いです。

実際には頭の生え際から後退していくM字型であってもミノキシジルは効果を発揮します。これはM字部分に限定したデータが無いというだけのことで、O字型に比べ時間がかかるものの効果がゼロというわけではありません。

頭皮の一部に効果が出ないというのもおかしな話です。とはいえ、進行の度合いが進んでしまっている場合には十分な効果が得られないという可能性はあります。ただしこれはM字型に限ったことではなく、O字型であっても同じことです。

こういったお薬には時間をかけて効果を発揮していくというのが定番です。大事なのは続けていくこと、諦めないことです。

使用方法を知る

ミノキシジルタブレット

ミノキシジルには飲むタイプと塗るタイプが存在します。

まず塗るタイプですが、中身の液体が液状かムース状かという違いこそあるものの、どちらも頭皮に浸透させるように塗ることが大切です。塗るのは表面ですが、頭皮の下まで浸透させないといけないので塗ったあとはしばらく置いてすぐにお風呂などで洗い流してしまわないようにしましょう。浸透が目的なので日光などに照らして気化させてもいけません。涼しく頭皮に刺激が無い状態で浸透を待ちます。

また、浸透させようにも頭皮がよごれている・毛穴が皮脂つまりを起こしているといった状態では効果が望めないので、まずはシャワーで頭皮を綺麗にしておき、その後ミノキシジルを塗って放置するというのが理想です。1日に二回塗るのが良いでしょう。

では次に飲むタイプです。

1日に2回、朝と夜に服用します。タイミングは自由ですが胃の健康を考慮して、食後がオススメです。

さて、ここで気になって来るのが塗るタイプと飲むタイプの違いについてだと思います。どちらの方が良いのか?どう違うのかという部分ですよね。

塗るか飲むかという違いもさることながら、塗るタイプは直接効果が欲しい場所に手が出せるというメリットはあるものの、頭皮への浸透のことを考えると飲んで中から作用させるという方が効果は高い傾向があるようです。ムラなく効果が得られるというのも大きなポイントでしょう。

ただ、飲むタイプの方が塗るタイプよりも副作用の発現率が高く、重い副作用が多いことからも安全性なら塗るタイプ、効果なら飲むタイプを服用するといいでしょう。

副作用と併用禁忌薬

白い錠剤

ミノキシジルの副作用について考えてみましょう。

まずは塗るタイプの副作用ですが、塗るという外用薬には副作用は少なく深刻なものも少ないというのが特徴ではあります。ミノキシジルは、主に頭痛、痒みやかぶれ、湿疹といったものがあります。その中でもとくに発現頻度が高いのが痒みです。この理由は添加されているエタノールやミノキシジル自体へのアレルギー反応ということも考えられますが、多くはプロピレングリコールによるものが原因とされています。

また、頭皮への異変だけでなく動悸や胸痛といった症状が出る場合も。

次に、飲むタイプの副作用ですが、こちらは体内へ入れるものだけあって血管の拡張が原因で起こる血圧低下や動悸、不整脈といった症状があります。狭心症や多臓器不全といった副作用も報告されています。リスクとしては塗るタイプよりも大きいと言えるので、こういった症状があれば医師に相談するようにしましょう。

併用禁忌薬は、血圧を下げる医薬品が該当します。服用している人はきをつけましょう。

また、お薬ではありませんが、アルコールを摂取したうえでの利用も危険とされています。

購入方法について

個人輸入で購入する男

薄毛の状態はいつまでも放っておけません。少しでも早く治療したいというのがAGAに悩んでいる人の共通の願いだと思います。

ミノキシジルはAGA治療薬であるため、医療機関での購入が可能です。病院はもちろんですが、専門クリニックでの購入がオススメです。

また、ミノキシジルも個人輸入で購入することができます。

症状が症状なので、人目が気になるという人もいると思います。

こういった方法の利用も視野に入れておきましょう。