プロペシアの効果はどれくらい?

プロペシアというAGAいわゆる薄毛の方の治療に使用されるお薬があります。
ここ最近ではAGAの認知度も高くなっており、治療される方も増えてきています。
いわゆるハゲに効く薬というものなのですが、効果はどれくらいなのか気になると思います。
本当に生えるなら薄毛の男性にとって、夢のような薬ですよね。
いったいどのような仕組みなのでしょうか?
まず、AGAの原因として、男性ホルモンが大きく関係しています。
テストステロンというホルモンが5a-還元酵素により、DHT(ジヒドロテストステロン)に変換されます。
それが原因で通常の髪の毛の生える周期が、短くなってしまい、最後まで成長しないまま髪の毛が抜けたり、毛穴が休止期に入ってしまい全く生えてこなくなってしまいますので、頭皮が薄くなってしまいます。
頭頂部か、額の生え際あたりが薄くなるといった特徴があり、気になる方にとってとても深刻悩みとなります。
そこで先ほどの治療薬ですが、有効成分がフィナステリドというもので、その成分が5a-還元酵素を抑制・阻害してくれるので、原因のDHT(ジヒドロテストステロン)を生成しなくしてくれます。
それにより、通常のヘアサイクルに戻してくれるので、休止期の毛穴から髪の毛が生えたり、柔らかく成長途中で止まってしまった毛が、しっかりコシのある毛に成長してくれます。
効果ですが、投与してから大体3か月頃で実感できるとされています。
半年服用しますとほとんどの方が何らかの変化があったとの報告があります。
もちろん個人差もありますが、長期使用しているとさらに発毛が期待できますので、服用は続けたほうがよさそうです。
1日1回服用するのですが、やはり心配なのはその薬代になります。
保険適用外なので、保険証などは必要ないのですがその分費用が高くなります。
もちろん飲み続ける薬ですので、考えただけでも恐ろしくなりますね。
価格面で気になる方にお勧めなのは同じ、有効成分フィナステリド配合のジェネリック医薬品です。
最近では薬局によってはジェネリック医薬品を進めてくるところもあります。
プロペシアと同じ有効成分なので、全く同じ作用です。
そして、先発薬に対して後に作られた後発薬ですので、費用がかかってない分価格も安くなってます。
同じ作用で安いのなら、後発薬のほうが手を出しやすいですね。
ただ、やはり薬は薬、価格が安いからと言って多量に服用しないようにしましょう。