ハゲの原因はなんだ!?

ハゲの原因と言いましても、一概には言えず、いくつもの要因があります。
最近ではAGA(男性型脱毛症)といい、男性特有の病気とされています。
まず最初に浮かんでくるのは遺伝だと思います。
もちろん遺伝もあるのですが、ただ、祖父や、父親がふさふさなのに、自分はAGAになってしまうといった方や、逆に祖父や父親はハゲてるのに、自分は全く薄くならなかったという方もいらっしゃいます。
遺伝はただ禿やすくなるというだけで、環境ひとつで変わってきます。
例えば、現代社会で言いますと、食事などの影響があります。
バランスの悪い食事や、高コレステロールを摂取することにより、皮脂が過剰に排出されてしまい、毛穴などをふさいでしまいますので、あまり頭皮にはよろしくないとされています。
そして、髪の毛に良い栄養素を取組む努力をしましょう。
そして、同じく現代社会の特徴としまして、ストレス社会です。
対人関係や仕事のストレス、家庭内ストレス様々な要因になります。
血流の流れが悪くなりますので、ストレスをなくすっていうよりも、発散方法などを見つけ実施しましょう。
そして、たばこも多くの要因となります。
ニコチンのせいで、血液の流れが悪くなってしまいます。育毛しようとしても、たばこのせいで中々うまくいかなくなる場合もありますので、髪の毛を育てたい方は禁煙をしましょう。
AGAなどには様々な原因がありますが、やはり、一番避けて通れないのは、男性ホルモンによる、影響が一番です。
先ほど記載した通り、遺伝も関係してきますが、DHT(ジヒドロテストステロン)という物質に変わることにより、AGAになると言われてます。
このDHTに変えてしまう5aリダクターゼという物質が原因になりますので、育毛したい場合や、脱毛を予防したい場合は、この物質を阻害するようにします。
AGAは立派な病気ですので、治療薬を服用することで、その物質を阻害し脱毛を防いでくれます。
薄毛を気にならない方は、治療する必要が無いのですが、どうしても悩んでしまうという方には治療することをお勧めします。
薬を服用するだけで、先ほどの原因を阻害してくれますので、体の中からAGAの治療をしてくれます。
間違っても、硬いブラシで頭をトントンしないようにしましょう。
昔はそれで生えてくると勘違いし、とんとんしてた方がいらっしゃいましたが、かえって頭皮が傷んでしまいますので、しないようしてください。