プロペシアとは

プロペシアは男性型脱毛症(AGA)の治療薬になります。
アメリカのメルク社が開発した薬で成分はフィナステリドで、経口薬になります。
世界では60か国以上で使用されており、日本では2005年から処方を開始されてます。
男性型脱毛症とは数多くある、脱毛のタイプのひとつになります。
若い男性に多くみられる脱毛で、男性ホルモン(テストステロン)や、隔世遺伝などが原因だと言われてます。
そして、現代では社会的ストレスや、対人関係、将来の不安、生活習慣、食事など原因が増え、患者も増える一方になります。
特に若くしてAGAになると余計それがストレスになり脱毛の原因ともなります。
気にしない方は、体に影響があるわけではないので、そのままで大丈夫なのですがAGAは必ず進行しますので放置してしまいますと、時すでに遅しとなりますので早めの治療が望まれます。
プロペシアですが1日に1錠服用します。毎日飲み続けましょう。
3か月くらいで効果が実感できる方もいますが、6か月は続けて服用しましょう。
効果が出てきた場合は、6か月で脱毛がみられなくなります。そして、増え始めてきます。
そして、増毛が期待できるのは、6か月から1年くらいになります。
統計では半年以上プロペシアを服用して90%の方が効果を実感できたと報告があります。
かなりの確率で、効果が期待できるのがわかります。3年間になりますと98%の方が有効だとデータがあります。
この薬ですが、全く同じ成分のフィンペシアというAGAの治療薬が出てます。
インドのシプラ社が製造販売してる薬なのですが、まだ特許の切れてない薬なのですが、インドは制約がないため後発薬として開発できるみたいです。フィンペシアですが有効成分も全く同じですので効果も同じように期待できます。
経口薬と、外用薬を併用して服用しますとさらに効果が期待できます。
外用薬としてミノキシジルという成分が含まれてるロゲインという製品があります。
アメリカで販売されてるのですが、日本でいうと大正製薬のリアップシリーズと同じ成分です。
リアップにもミノキシジルが含まれてます。
ただ、日本ではやはり、制約がありますので、効果としてはロゲインの方が時間できるという方も多いかもしれません。
インターネットで個人輸入で購入できますので日本でも手に入ります。
色々なAGA予防としてありますのでやはり、早めの対処が一番ですので悩んでる方は早めに治療をして予防しましょう。

参考サイト

プロペシアを通販してAGA治療する|お薬なび