プロペシアを通販で購入する場合とクリニックで処方してもらう場合の比較や効果、副作用、注意点をご紹介します。

男性の悩みのひとつ

男性の悩みのひとつ薄毛

人生において悩みというものは尽きることがありません。

人間関係や将来への不安など、悩みは尽きませんよね。

また、それぞれの性別でのみ起こる悩みというものもあります。

たとえば、女性なら生理や妊娠といった問題があります。

では、男性に特に多い悩みとは一体なんでしょう。

ある朝、鏡を見て目を疑ったという人もいるのではないでしょうか。

「こんなに髪の毛薄かったっけ?」

そう、男性にとって「薄毛」というのは大きな悩みのひとつです。

「女性にとって髪は命」とよく聞きますが、それは男性だって同じこと。やはりふさふさの髪でいたいものです。

髪は個性を出せる部分でもあります。仕事でもプライベートでも髪型を整えて臨むという人も多いでしょう。

事実、人の印象というのは10秒で決まるとも言われていますから、見た目がどれほど印象に影響を与えるかということは計り知れません。

しかし、薄毛だとその個性が出る髪型を整えることができなくなってしまうのです。

要するに、アピールポイントをひとつ失ったようなものなのです。

そしてなにより、薄毛の進行具合や、どのように薄毛になっているかという点も重要です。

全体的に薄くなってきたというのならまだしも、一部だけ薄くなっているパターンの薄毛、たとえば前だけが薄くなってきたり、てっぺんから薄くなってくるというのはバランスが悪くカッコ悪く見えてしまいます。

その薄毛のパターンや進行具合によって、さらにストレスを抱えてしまい、それが原因でまた薄毛が進行する……というような負の連鎖になってしまいます。

このように、薄毛は男性にとってなんとしても解決したい悩みのひとつなのです。

年齢は関係ない!AGAとは?

AGAについて解説する医者

成人男性によく見られる薄毛になっていく状態のことを「AGA(Androgenetic Alopecia)」と言います。思春期以降に額の生え際や頭のてっぺんがどちらか一方、もしくは両方から薄くなってきます。

AGAで悩んでいる方は日本だけで約1,260万人いると言われています。数を聞いてもいまいちピンとこないですよね。少し計算してみましょう。

日本の人口が1億2000万人だとして、そのうちの半数である6,000万人を男性として仮定した場合。

1260万人(AGAで悩んでいる人)÷6000万人(男性の総人口)=0.21

ということは約5分の1の男性がAGAになっているということなのです!

さらに、AGAになっているといわれている1,260万人のうち、800万人しか、AGAになっていることに気付いていないと言われています。460万人の男性はAGAになっていることにすら気付いていないということです。

鏡を見て少し薄くなってきたかもしれない、と思ったら早期対応しましょう。

なぜならAGAは進行性だからです。何もせずに放っておくと、どんどん薄くなっていってしまうのです。

つまり、先ほどのAGAに気付いていない460万人の方は今もなお進行しているということです。

また、まだ若いから大丈夫という考えは危険です。

というのも、AGAの原因は遺伝や男性ホルモンが主な原因とは言われているものの、最近の研究ではストレスや生活習慣も影響を及ぼしていると言われているのです。

ストレス社会と呼ばれる現代社会。みんな何かしらのストレスを抱えて生きています。若いからといってストレスが少ないとは限りませんので、年齢は関係なくAGAの脅威にさらされていると考えるべきでしょう。

一般的にAGAは20代後半から発症し、30代から気になりだすと言われています。

しかし10代から始まっていることもありますし、20代前半で発症することもあります。

薄毛=年配の方というイメージはもう古いのです。年齢はさほど関係がないということを覚えておきましょう。

AGAになる原因とは?

ストレスを感じている中年男性

そもそもなぜAGAという現象は起こってしまうのでしょうか?

巷では汗をかきやすく頭皮の皮脂が多いと脱毛症になりやすい、帽子を常時着用していることで蒸れてしまい薄毛になるとか、ワカメやひじきといった海藻類を食べていないと薄くなるといった話がありますが、これらは根拠のないうわさです。

遺伝や男性ホルモンがその原因であると言われています。父親がAGAだと子供もAGAになる、もしくは隔世遺伝すると言われていますが、正確にはいくつかの要因が重なって起こる多因子遺伝のため単純ではありません。

ここで注目したいのは男性ホルモンです。AGAには男性ホルモンであるDHT(ジヒドロテストステロン)の影響が確認されています。これはテストステロンというホルモンが5a-還元酵素の働きで変換されてできるのです。原因物質であるこのDHTは発毛のサイクルを邪魔し、薄毛へと導いていく非常に厄介な物質なのです。

また、生活習慣やストレスといったものも影響があるとされています。

ストレスは万病のもとといわれていますが、それに加えてストレスが引き起こす睡眠不足や血行不良はAGAの大きな原因と言えるでしょう。

毎日のように有酸素運動をし、しっかりとした睡眠や食生活をしたことによってDHTが減少したという報告例もあるので、生活習慣を正すことがAGAの予防にもなるでしょう。

発毛サイクルについて

発毛サイクルについて解説する医者

髪の毛は一定の周期で成長して定着し、その後休んで自然に抜け落ちてまた成長させるという工程を繰り返します。この周期のことをヘアサイクルと呼びます。

ヘアサイクルは基本的に3~7年で一巡されます。

薄毛というのはこのヘアサイクルの周期が何らかの要因で崩れて短くなってしまい、髪が十分に成長する前に抜け落ちてしまって、髪がどんどん細くなり量が減っていくというのがその要因とされています。

ヘアサイクルの流れとしては、成長期に誕生から産毛、軟毛、硬毛を経て退行期を迎え休止期に至ります。そして脱毛というのがそのサイクルです。

成長期は毛母細胞が分裂を繰り返して、新たな髪を生成しどんどんたくましく太くさせていく期間です。

退行期は毛母細胞の生成が弱まり止まる時期で、成長期から休止期に移行する期間。

そして休止期は髪の成長は完全に止まり自然に抜けるのを待ち、毛母細胞が次の髪を生成する準備を始めています。そして、また成長期へ、という流れです。

このようなヘアサイクルがあって初めて髪は綺麗に生えそろっていくのですが、成長期が短くなってしまうと十分に髪が育たないので、そのまま抜け落ちてしまうと毛穴は浅くなりどんどん髪は細くなっていくのです。

プロペシアで薄毛治療を始めよう!

プロペシア

薄毛になってしまうとショックですよね。

AGAは進行性ですし、ストレスもまた要因なので、どうしようと悩んでいるとさらに薄毛は進行してしまう、というまさに負のスパイラルです。

生活習慣などを見直すことが大切なのはわかりますが、その他の方法も欲しいところですよね。

病気などであればお薬による治療がありますが、AGAではどうなのでしょうか?

育毛剤などを利用して治すという作戦も立ててみましょう。

AGAに効果的だと言われている医薬品はあります。

それが「プロペシア」です。

プロペシアはAGA治療薬として有名で厚生労働省からも認可され、安全性も認められた「飲む育毛剤」なのです。

通常育毛剤といえば直接頭皮にかけるというイメージがあるかもしれません。頭皮に問題があるから頭皮でないと、と思ってしまいがちですが身体の内側からもちゃんと効果はあるので、問題ありません!

プロペシアの効果

プロペシアの効果を説明する医者

AGA治療薬として期待できるプロペシア。

その効果や効能はどういったものなのでしょうか?

単純にプロペシアを服用することで薄毛を改善することができます。AGAの進行を止めるだけではなく、脱毛量の減少や軟毛の成長を促進。つまり太くて長く成長するようになるのです。

ただ、勘違いしてはいけないのが、プロペシアは本来AGA治療薬であり育毛効果があるわけではありません。DHTの影響を妨げて、抜け毛をストップさせて薄毛を食い止めることがプロペシアの効果です。進行を止めることにより正常に発毛のサイクルを循環させることにより、結果育毛効果として期待できるものなので、ただの育毛剤と思って使用してはいけません。。

また、プロペシアは即効性はありません。効果が現れるまで約6ヶ月かかることもあります。

実際にはどれくらい効果があるものなのか、というのは気になるところだと思います。臨床データによると、効き目に個人差が出るというのはあるものの、前頭部では70パーセント以上の方に改善が見られ、頭頂部では80パーセント前後の方が改善されたといいます。

3年越しの結果としては、なんとなく濃くなったというようなものではなく、はっきりと毛が増えたという自己認識が取れるほどのものとなっています。

プロペシアはなぜ薄毛に効果があるのか

なぜ薄毛に効果があるのか説明する医者

飲むだけでそんなAGAを治せるというのはとてもありがたいことですよね。

しかし、このプロペシア、飲めば効くのだからそれでいいという人もいるかもしれませんが、どういう理屈で効果があるのかを詳しく知ってみたくありませんか?

プロペシアがAGAに効くというのは、どういう作用機序なのか説明しましょう。

薄毛の要因としてDHT(ジヒドロテストステロン)が影響しているというのはご存知の通りです。

プロペシアはそんなDHTの生成を抑制する効果が期待できます。

DHTは男性ホルモンであるテストステロンが5a-還元酵素という変換酵素の働きかけで生成されるもの。ということは、この5a-還元酵素さえなければDHTは生成されずに薄毛にはならないということです。

初期脱毛は効果が出ている証

初期脱毛している男

髪に不安を覚えたならプロペシア。

利用することでDHTの影響を妨げて、抜け毛をストップさせて薄毛を食い止めることができます。

そんなプロペシアを利用しようと考えている人には、ぜひ理解しておいてほしいポイントがあります。それは初期脱毛という症状があることです。

プロペシアは髪の薄毛や脱毛をストップさせるお薬ではあるものの、服用時に初期症状として「毛が抜ける」という副作用があります。

髪を守りたくて飲んだら髪が抜けたというのは、パニックになってしまいそうなでき事ですよね。

なぜそんなことになるのかというと、そもそも発毛サイクルが乱れてしまったことで起こるAGA。そのサイクルを一度リセットすることが必要になります。改めて成長期、退行期、休止期をやり直すのです。毛母細胞がプロペシアの有効成分にしっかり影響を受け活性化し、新しい髪が古い髪を押し出そうとするために髪が抜けてしまうのです。つまり飲み始めの頃に髪が抜けてしまうという現象はプロペシアが効いていて、効果が現れ始めた証拠だとも言えるのです。

多くの人はそのことを知らずに、髪が抜けたと驚いてしまって途中で止めてしまい効果が得られないということがあるのです。

ではこの初期脱毛というのはどれくらい起こることなのでしょうか?

初期脱毛は平均的に1ヶ月ほどといわれていますが、長い場合は数ヶ月という人もいます。

この辺りは個人差も関係するので前後しますが、何よりも、初期脱毛を恐れずにプロペシアを利用することが大事です。

服用方法は?

薬を服用する男

プロペシアは一度飲むと効果が現れるというものではありません。続けていくことが大切なので、毎日服用するようにしましょう。長い間飲み続けて効果を実感できる治療薬です。

プロペシアの有効成分である「フィナステリド」は、1日に0.5~1.0㎎が摂取上限と言われています。

プロペシアは錠剤タイプで、一錠にフィナステリドが1.0㎎含まれています。したがって1日に1回1錠か半分に切って2分の1服用するというのが適当です。

半分に切る方法としてはピルカッターと呼ばれる器具を利用するのが便利です。

飲むタイミングはいつなのでしょうか。通常お薬にはその性質によって食前・食間・食後などと服用のタイミングがあります。しかしプロペシアはその決まりがありません。決まってないお薬というのは一般的にもあるのですが、こういったお薬は自分のタイミングで飲めば問題ありません。24時間自由です。毎日忘れずに服用していくことが必要なので、夕食後に飲む、というように自分にとって忘れないタイミングに設定するのが良いでしょう。

ちなみに忘れてしまった場合には焦らずに、次の日から1日1錠を守って行けば大丈夫です。良くないのは、前日の分を飲まないといけないと考えて、その分を含めた2錠を1日に服用してしまうことです。過剰摂取になってしまうので大変危険です。注意しましょう。

服用時の注意

水で服用する男

プロペシアの服用時の注意点ですが、まず24時間いつでも飲んで可能ではあるものの、時間の感覚はあけておきましょう。例えば深夜23時に服用して、0時になったから翌日だと言って翌日分を飲んでおくというのはいけません。日付的には翌日ですが、身体としては1時間しか経っていないので、大変危険な行為です。

また、いつでも服用ができるとはいうものの、空腹時はあまりオススメはできません。やはり胃の中が空ですと、薬が胃に負担をかけてしまうからです。

服用する際ですが、錠剤ですので水やぬるま湯で飲む事が必要です。まれに錠剤を飲み物を使わずに飲み込む人がいますが、喉や食道にひっかかってしまい、効果がしっかり得られないということや、粘膜に直接触れることで粘膜が傷ついてしまうこともあるので良くありません。また、水分があることでお薬が溶けやすく吸収されやすくなるので、必ず水やぬるま湯で飲むようにしましょう。

ジュースやお茶といったものもできれば避けておきたい飲み物です。その飲料に含まれる成分とお薬の成分が化学反応を起こしてしまうという可能性もあるからです。

併用禁忌薬を知る

併用禁忌薬を説明する医者

お薬には何にでも飲み合わせというものへの注意があります。

効果が喧嘩してしまい効果が相殺されてしまい、正しく目的に添えなくなったり、悪影響を及ぼしてしまうものなどです。これを併用禁忌薬と言います。

ではプロペシアの併用禁忌薬とはどういったものなのでしょうか?

非常に気になるポイントではあるのですが、実はプロペシアには併用禁忌薬というのは、無いのです。

一般的に併用禁忌薬として名前の挙がるアンチピリンやジゴキシンなどでも薬物相互性は認められていません。通常お薬を服用する際にはこういった危険性を心配して医師に相談したりするのですが、そんな心配もせずにどんなお薬とも併用することが可能です。

しかし、お薬との併用による禁忌は無いものの、禁忌の意味合いを持つ話もあります。AGA治療薬ということで男性のお薬として認知されていると思いますので、女性にとっては関連が少ないですが、実はプロペシアは女性にとって禁忌薬なのです。厳密には妊娠を望む女性いとっては服用ばかりか触れるのも危険というお薬です。

どういうことなのかというと、医薬品には胎児危険度分類という指標があります。危険な順にX・A・B・C・Dとなっているのですが、プロペシアの主成分フィナステリドは胎児危険度の分類が最高ランクのXなのです。これだけではピンとは来ないと思います。カテゴリーXの意味は「人間や動物による研究で明らかに胎児奇形を発生させる」というもの。女性が服用するということはあり得ないとしても、成分が皮膚に付着することもまたいけません。付着した成分は皮膚からも摂取されるからです。そのため、女性に対しての取り扱いには最大限に注意が必要なのです。

プロペシアの副作用

プロペシアの副作用を感じている男

お薬には副作用というものもありますよね、利用したいお薬を効果的に使って行くためには副作用もしっかりと知っておく必要があります。

プロペシアに限った話ではありませんが、お薬と人間には相性というものがあり、効き目には個人差があります。そしてそれは副作用も同じで、お薬の効果がしっかり得られるけれど副作用もひどいという人もいれば、効果だけがあって副作用は全くなかった、効果はなくて副作用だけあったという人もいます。そのことは留意しておきましょう。

さて、プロペシアの副作用ですが、頭痛や腹痛の他下痢や眠気といった医薬品にはよく見られる副作用が報告されているほか、胃の不快感や頻尿といった消化器系の副作用も報告されています。

とはいえ、こういった症状であれば予想や覚悟の範囲内かもしれません。副作用はお薬につきものだからです。

しかし、副作用の中に気になるものがあります。それは男性機能の低下です。

プロペシアを服用するとED(勃起不全)の症状が出てしまうことがあるのです。このことはよく留意しておく必要があるでしょう。なぜなら、知らずに利用していると原因がわからずにパートナーとの関係にも影響があるかもしれないからです。服用を止めると男性機能の働きが回復するとはされていますが、万が一心配な場合には医師に相談するなどしてみましょう。

プロペシアはどこで買えるの?

専門クリニックでの処方

薄くなってきたかも…そんな時には早期治療が必要ですが、その際にはどうすれば良いのでしょうか?

AGAになってしまった場合にオススメしたいのは専門クリニックでの診察です。

その理由は、一般の病院ですと症例数も少なくAGAに特化した知識や経験が十分に備えている医師がいないのです。よって単純にプロペシアだけを処方するというだけになってしまいます。つまり、薄毛の進行を止めて抜け毛を抑えるという現状維持で、発毛は自身の力に頼るだけという状態になってしまうのです。

それが専門クリニックですと、豊富経験を持つAGA専門医師が在籍しており、「患者ごとの発症原因を探るための問診と触診」「マイクロスコープを用いた頭皮チェックなどによる診察」「内服薬だけではなく外用薬の処方」「副作用を防ぐ血液検査」「進行リスクを調べるAGA遺伝子の検査」「育毛に特化した治療」など、かなり本格的に診て貰えるからなのです。

ただ、専門クリニックは一般的な病院より高額の治療費を払わなければならないこともあります。

プロペシアの単剤処方に限っては、一般の病院よりも専門クリニックの方が安いものの、施術内容によっては数万円から数十万円かかるものも。ただこれは専門クリニックによって違います。AGAは保険外診療のため、治療内容と価格はしっかりとチェックしておくようにしましょう。中には医療ローンを利用できるクリニックもありますので検討してみてください。

専門クリニックで処方してもらおう

薬について患者に説明する医者

プロペシアはどこで手に入るのか?というのは気になるところでしょう。

今はドラッグストアなど便利なものもできたので、そういったお店で手に入れようとする人もいるとは思いますが、プロペシアはドラッグストアでは手に入れることができません。処方箋が必要になる医薬品だからです。

プロペシアは専門クリニックでも処方してもらうことができます。

専門クリニックへ行って検査などを受け、AGAと認められるとプロペシアを処方してもらうという形になります。

また、医師を通してプロペシアを処方してもらえるので、使用上の注意などを聞くことができますし、副作用が出たときの対処法を聞くこともできます。つまり、クリニックなどで処方してもらうことは安心感にもつながるのです。

個人輸入で手に入れることもできる

個人輸入のスマホサイトで購入する男

実はプロペシアは医療機関を通さなくても手に入れることは可能です。

その方法とは個人輸入、つまり通販サイトによる購入です。

個人輸入とは個人的に輸入をするということです。

外国の商品は通常いくつもの業者を通して私たちの手に届きますが、それを直接外国の業者から買ってしまおうというのがこの個人輸入です。

パッと聞いた感じで、違法なんじゃないの?という印象を受けたかもしれませんが、これは合法です。

自分(個人)が利用するということを条件にした輸入は認められているのです。

この方法であれば外国で売られているプロペシアを安価で手にすることができるのです。

しかし、外国とのやり取りとなると外国語でやり取りをしないといけませんし、そうでなくても手続きなど非常に心配事が多いことですよね。そこで、ややこしいやり取りを一手に引き受けて代わりに手続きをしてくれる個人輸入代行業者という業者があるのです。私たちはその代行業者のサイトから欲しい海外の商品を選択し、購入するだけなので、個人輸入代行業者を利用することで通販サイトを使う感覚で利用できるのです。

そのため、一度でも通販サイトを利用したことがある人なら利用するのは難しくはないでしょう。

このように手に入れられる選択肢が増えるというのは嬉しいことですよね。

クリニックと個人輸入、利用方法や金額など大きく影響を及ぼす違いもあるので、自分の都合に合せて利用していきましょう。

病院処方のメリットとデメリット

病院処方のメリットとデメリットを説明する医者

AGA治療薬であるプロペシアは大きく分けるとて医療機関での処方と通販での購入という2つの入手方法があります。

そんな2つのメリットとデメリットについて考えていきたいと思います。

医療機関でプロペシアを処方してもらう場合にはどういったメリットがあるのでしょうか。

まず、医師の診断の元で服用ができるという安心感があります。なんといっても処方箋があるので、いつどのようにしてどれくらいお薬を飲めばいいのかといった迷いが無く飲めますし、併用禁忌薬が無いとはいえども、副作用などもふくめて何かあった際には医師にすぐ相談することができるというのは最大のメリットです。

また、AGAの治療状況をも確かめることができるというのも大きなポイント。

ではデメリットはどういったものがあるのでしょうか。

費用が高いということと、手間が掛かるということがあげられます。

医療機関によっては土・日・祝などの休日に開いているところもあるのですが、基本的には開いていませんよね。どうしても平日に病院やクリニックに訪れることになります。そうなると、病院やクリニックへ行くたびに仕事を休まないといけません。これは仕方がないとは思いつつも誰もが気になるところでしょう。

他にも人目が気になるというのもあると思います。他の患者の目もありますし、医師や看護師に薄毛を診察されるというのは辛いものもあります。

この辺を考えると個人輸入という手段が良いようにも思えます。

個人輸入での購入のメリットとデメリット

個人輸入購入のメリットを感じている中年男性

プロペシアを手に入れる手段のひとつである個人輸入ではどういったメリットとデメリットがあるのでしょうか。

個人輸入ですので費用が安いというのは非常に魅力的な部分です。ジェネリック医薬品であればさらに安くなります。

また、通販感覚で利用できるので、自宅で簡単に注文ができるので、出かける手間がいりません。時間が短縮できるのは嬉しいところです。仕事を休む必要も人目を気にする必要もありません。

ではデメリットはというと、医師を通していないため、処方箋が無く服用方法などがわからないというのは、不安材料のひとつ。

ここは購入の際にサイトに書かれていたりするので、しっかり読めば問題はないものの、副作用が出た際に対応がわからないといのもまた不安材料になります。

そして、医師の診察が無くひとりで完結してしまうので客観的な効果が分からず、効き目が実感しづらいというのもあります。

また、ネット通販なために注文して届くのかどうかがという不安や、偽物を掴まされるのではないかという心配もでてきてしまうかもしれません。

この点は個人輸入代行のデメリットと言えます。

>> プロペシアとプロペシア・ジェネリックの一覧はこちら

処方と通販の比較

処方と通販どちらがいいか考える男

実際に、病院で処方してもらうのと通販での購入はどちらがいいのでしょうか?

ここでの争点は、安心感を取るかお金と時間を取るかというところでしょう。

処方してもらう、つまり医療機関を利用した場合はどうしても金額と手間が掛かってしまいます。しかし、それはしっかりとした検査や診察、国産のプロペシアを手に入れられるためのものです。

対して通販で購入、つまり個人輸入を利用した場合はそういった手間を排除することで金額を約3分の1程度まで抑えて時間を仕事やプライベートへと割り当てることができます。

どちらが正解ということもないでしょう。人によっては時間と金額を抑えたい理由もあるでしょうし、安心に勝るものはないと考える人もいらっしゃいます。当然ながら個人輸入で手に入るお薬は偽物の可能性があるというだけであり、必ずしも届かない、偽物だということはありません。

人によって、どちらのメリットをとるか、どちらのデメリットが気になるかという点は異なるので、その点をしっかり考えて利用するようにしましょう。

ミノキシジルとは?

ミノキシジルタブレット

さて、ミノキシジルというお薬がプロペシアとの併用で良いという話も別記事でしました。それはどういうことなのでしょうか?

まずはミノキシジルとはなんなのかという話からしておきたいと思います。

ミノキシジルはプロペシアと同じAGA治療薬のお薬です。プロペシアが男性ホルモンにはたらきかけて、薄毛の原因を阻止して進行を止めるお薬であるならば、ミノキシジルとは血管を広げて血流を広げて血行を良くしてAGAに働きかけるお薬なのです。

つまり、育毛効果があるということなのです。

副作用としては頭痛や眠気、他に頭皮のかゆみが報告されています。

ミノキシジルは飲み薬や塗り薬といった種類が出ています。

塗るタイプは1日に2回程度頭皮全体や薄毛が気になるところに塗ります。

飲み薬は朝晩1日2回です。食前食後は自由ですが、胃の負担を考えると食後が望ましいです。

自分にあった使い方ができるものを選ぶようにしましょう。

併用して効果UP

プロペシアとミノキシジル(ロゲイン)

プロペシアは進行を阻止し、ミノキシジルは血行を良くする、つまり育毛効果が期待できるのです。プロペシアは育毛の効果自体は無いため、育毛させるミノキシジルとは相性が良いのです。もちろん併用によて出る新たな副作用などはありません。

この2つを使えば効果的にAGA治療をしていくことができます。

ただし、2つのお薬を利用するということから効果への期待もありますが、副作用も重なってしまい重く感じることがあります。

たとえば、頭痛という副作用が重なってしまい、片方だけ使用している時よりもその症状が顕著にあらわれてしまうこともあります。この点には注意しておきましょう。

おすすめの記事

ミノキシジルの外用薬ロゲイン

ミノキシジルもAGAに有効

ミノキシジルの効果、副作用、外用薬と内服薬の違い、通販で購入する方法を解説します。

ザガーロ

ザガーロでAGAを克服

ザガーロの効果、副作用、飲み方、通販で購入する方法、併用禁忌薬などをご紹介します。

育毛シャンプー

いろいろな薄毛の改善方法

薄毛の改善方法は育毛剤、植毛、カツラ、生活習慣の改善、ハーグ療法、育毛シャンプーなどありますが、違いを解説します。

リアップ

市販の育毛剤って効果はあるの?

リアップなど市販されている育毛剤の価格、効果をご紹介します。市販の育毛剤で効果がなかった方は必見です。